女医

はじめてママになった方でも安心|妊娠中の過ごし方

このエントリーをはてなブックマークに追加

楽しいマタニティライフに

妊婦と医者

母体も胎児も安心安全を

妊娠すると女性の体は著しく変化します。経産婦はもちろんのこと、初産の女性にとって妊娠中は特別なものです。お腹の赤ちゃんを大切に守り、母体も健康で出産を迎える為にも、妊娠中の食事や行動は注意が必要です。特に妊娠初期は体の変化やつわりなどで母体には大変なことが多いものです。また、妊娠初期には流産が起きやすいため、特に注意が必要なのです。妊娠初期は、女性ホルモンの影響により、めまいやふらつき・いらいら・眠さなどの症状が現れます。さらに妊娠中で一番つらいものの一つにあげられるつわりも、この時期に起こります。味覚の変化や嘔吐・むかつきなどで苦しい時期ですが、無理せずあせらないことが大切です。食べたいときに食べられる量を少しずつ取るように心がけましょう。

適度な運動も大切です

妊娠がわかってから妊婦が注意すべきことはいろいろあります。喫煙は妊娠中は絶対にやめましょう。タバコにはニコチンが含まれています。ニコチンにより血管が収縮して赤ちゃんへ十分な酸素や栄養素がいきわたらなくなってしまいます。喫煙により早産や流産のリスクも上がり、低体重児が生まれる可能性もあります。喫煙は絶対にやめましょう。飲酒も基本的にはやめましょう。胎盤を通してアルコールが赤ちゃんへ悪影響を及ぼす可能性があります。その他、高いヒールの靴を履くことや、きついサイズの服を着ることもよくありません。自転車やバイクなどの二輪車も厳禁です。妊娠中は妊婦の行動が規制されがちですが、赤ちゃんが生まれるまでの間です。マタニティビクスなどで適度に体を動かし、病院の検診には必ず行きましょう。

まず婦人科を受診しよう

看護師

現在、ピルは個人輸入サイトなどを経由して入手することも可能ですが、予期せぬトラブルが生じないとは言い切れないため大阪の婦人科で医師から処方してもらうのが安全です。大阪の婦人科で診てもらった上で処方を受ければ、避妊だけでなく病気の発見という面からもメリットが大きいといえます。

もっと詳しく

赤ちゃんと母体を守る方法

医者

着床前診断をする事によって、流産や死産などのリスクを回避する事が出来ます。染色体に異常がないかを調べる事で、確実に妊娠して出産する事が出来ます。不妊治療の一つとして着床前診断は重要で、妊娠をする為に効果的な方法です。

もっと詳しく

病院の方針や治療方法

女医

大阪で不妊治療を行う場合にはクリニックについてネットを利用して情報を仕入れてから予約をしたほうが良いかもしれません。多くの専門機関がありますので、通いやすく効果が期待できるクリニックを選ぶことが大切です。

もっと詳しく

関連リンク

  • 妊娠中の子育てをスタートするすべてのママへ

    詳しい情報をいち早く入手したいなら目を通しておきましょう。妊娠中の疑問をすぐに解決させることができますよ。